ツイッターの楽しみ方

 

始めの1年半は、価値がわからないでやってました。

2020年6月から、『ありがとうのほん』読み聞かせ紹介を、毎朝ツイート64日間したら、挨拶してくれる人が現れました。
フォロワー100人様から200人様になっていました。

 

共感する人と繋がる

「類は友を呼ぶ」と言いますが、「類の友」は「感情の友」です。

意見したいと思って書けば、意見したい人が集まりますが、

私は「ありがとうの気持ち」が広がって欲しいと思っているので、同じ思いの人が集まるのがうれしくて、有難いです。

文章表現力が上がりました

表現したいことを140文字にまとめることで、考えがまとまり、文章力がアップします。

長文だと読むのに時間がかかりますが、140文字だと、皆さんの想いがすっと入ってきます。

 

キャッチコピーの閃き

何をどう伝えようか考えることが増えると、閃きが増えます。

塾のチラシ、動画に入れるキャッチ、SNS発信時の要約文などなど、様々な場面で使える言葉が増えます。

 

ツイートした時、ふと不安になる時ありましたら

これ書いて良かったのかな?
違う書き方した方が良かったかな?

変な返信がきたらどうしよう!?

ご相談ください。

SNS発信で悩みを乗り越えたあと、成果が期待できます。

不安を解消して、楽しくツイートすれば、楽しいことが引き寄せられます。
 


以下に私の経験の経緯を紹介します

 

2021年8月(200)からの1年間(内フォロワー数)

毎朝のオリジナルツイートと、時間を変えて『ありがとうのほん』読み聞かせ紹介の、毎日2ツイート、3ヶ月間(500)

 

マラソンネタnoteを加えて、毎日3ツイート、4カ月間(1100)

 

マラソンネタnoteは時々、塾アメブロ、引用RTも時々と、毎日2ツイート、5ヶ月間(2300)

2021年7月に、2つ目のアカウント「行動人りょーさん@継続のサポーター」を持ちました。

 

1つ目の「りょーさん🍀幸運のサポーター」は、ありがとうのほんを中心に継続します。

 

 

2021年7月「行動人りょーさん@継続のサポーター」スタート

 

プログラミング&英語塾立ち上げ、
英会話学習、

マラソンチャレンジ、
病気からの快復、
エンジニア時代のエピソード、
その他の経験を踏まえて、
今からに活かせることをツイートしています。